なにごとも八分目がよろしいようで 鳥,花,風景,音楽,etc. 写真はクリックで拡大します。
by あのに鱒
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新の記事
高原のルリ&ミソ
at 2017-05-21 19:00
憧れのAvocet
at 2017-05-17 20:00
高原のコマドリ
at 2017-05-13 19:00
小渓流のカワガラス親子
at 2017-05-07 19:00
小渓流のコマドリ
at 2017-05-05 19:00
風そよぎ夏鳥の季節になりにけ..
at 2017-04-29 19:00
わに塚の桜と乙ヶ妻(おっかづ..
at 2017-04-22 19:00
カテゴリ
カワセミ類
小鳥(瑠璃御三家)
小鳥(夏)
小鳥(冬)
シギ・チドリ
ガン・カモ・白鳥
水鳥類
猛禽
風景
独白(毒吐く)
音楽
カメラ・レンズ
最新のコメント
> すずめさん まさに..
by anony_masu at 08:04
こんばんは。 ルリビタ..
by すずめ at 23:22
> toroさん たし..
by anony_masu at 19:45
この時期にルリビタキと遭..
by toro at 20:20
> すずめさん なるほ..
by anony_masu at 20:40
こんにちは。 特別な許..
by すずめ at 12:06
> すずめさん え、飼..
by anony_masu at 23:58
こんばんは。 アボセッ..
by すずめ at 21:12
> toroさん セイ..
by anony_masu at 20:29
また私の知らない野鳥が!..
by toro at 18:06
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
禁右Click
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断使用を禁じます。
高原のルリ&ミソ
GW探鳥の続き。最初に遭遇したのは、実はルリビタキでした。明るいところにルリビタキがいるのは夏の山ならではです。冬のルリビタキは公園の薄暗いところにいますから、明るい日光の下ではなかなか撮れません。
c0325655_08300387.jpg
このサイズだと判断しづらいですが、上の写真は尾羽まで解像しています。尾羽は大砲レンズでないと(よほど近距離撮影でない限り)解像しないと思っていましたが、光が強いと自分の機材でも解像するとわかりました。
c0325655_08300317.jpg
メスも明るいところにいました。
c0325655_08300269.jpg
オスは同じ個体。青い鳥とのうれしい再会です。同じポイントにはミソサザイも。
c0325655_08300166.jpg
枝に移って囀ります。
c0325655_08300256.jpg
石の上でも。
c0325655_08300285.jpg
体は小さいのに大きな声で囀るミソは、いつも人気者です。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-05-21 19:00 | 小鳥(夏) | Comments(4)
憧れのAvocet
GWの野鳥写真はまだまだあるのですが、珍鳥が飛来したので先に掲載します。以前から見たいと思っていたAvocet(ソリハシセイタカシギ)が出現しました。
c0325655_21184475.jpg
前々からその優雅な姿に魅せられ、見たいと思っていた鳥です。
c0325655_21184231.jpg
東京湾アクアラインの千葉側の基点の町、駅から20分ぐらいのところにあるかつてのハス田。休耕田というよりもう長い間放置されている感じの田んぼがセイタカシギの営巣地になっており、そこに親戚種Avocetが舞い込んだようです。
c0325655_21184347.jpg
そんなところにセイタカシギの営巣地があること自体知りませんでしたが確かにセイタカシギがいて、あぜ道の名残みたいなところに営巣しているようでした。それにまじってAvocetが佇んでいました。
c0325655_21184481.jpg
c0325655_21184398.jpg
セイタカシギよりだいぶ体が太いな、という印象ですが、白と黒の羽毛、黒くて上に反った嘴はやはりとても優雅で美しく、感動です。
c0325655_21184251.jpg
セイタカシギも優雅ですが、Avocetはまた違った味がありますね。彼らも日本で繁殖してくれればいいなと思います。
c0325655_21184173.jpg
セイタカシギは人を恐れず、ときに目の前まで来ていました。でもあまり近くても図鑑写真にしかならないので、ある程度遠景がいいですね。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-05-17 20:00 | シギ・チドリ | Comments(6)
高原のコマドリ
GWは気になっていた高原に出かけました。昨年、高原のTV番組を見ていたらコマドリが囀るシーンが出てきたので、そのポイントを予想。それが正しいかを確かめたかったのです。
c0325655_19211767.jpg
駐車スペースから歩くと三脚が何台か見えたので正しかったことがわかりました。違っていたら大変な時間とお金と労力の無駄でしたが、助かりました。
c0325655_19212053.jpg
先日の小渓流と違いここは標高1600-700ぐらいはあるので、繁殖地なのでしょう。メスもいました。
c0325655_19211911.jpg
囀りのシーンを撮りたかったので粘りました。披露してくれたのは、ちょっと控えめな囀りでした。
c0325655_19211659.jpg
同時に2羽現れることもあり、そのときさらに別の場所で囀っていたりしたので、3羽はいたことになります。
c0325655_19211769.jpg
このぐらい近くで囀ってくれたら良かったのですが。
c0325655_19211552.jpg
でもこれだけ撮れれば十分です。
c0325655_19392425.jpg
車で周辺を走っているときに囀りが聞こえたこともあり、一帯にかなりコマドリがいるのでしょう。
撮影中カモシカが現れました。カモシカも番組に映っていたのでまさにここだったのだと実感。
c0325655_19403836.jpg
飽きるほど撮って、ポイントを後にしました。

[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-05-13 19:00 | 小鳥(夏) | Comments(5)
小渓流のカワガラス親子
コマドリのいたポイントの近くにはカワガラス親子がいました。
c0325655_17023561.jpg
親に遅れてじたばたする子供。「父ちゃん、待ってよ~」
c0325655_17023416.jpg
滝の上で待つ親。「何してるんだ、早く来なさい」
c0325655_17023524.jpg
まぁ雌雄同色なので母ちゃんかも知れませんが。この後、無事幼鳥は親に追いつき、二羽で飛び去りました。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-05-07 19:00 | 小鳥(夏) | Comments(4)
小渓流のコマドリ
オオルリのいた渓に沿ってさらに山道を上ると、さらなる急こう配が現れます。すでにバス停から40分の上り坂、しかしまだ最後の急坂を行かねばなりません。そこで待っていたのは小渓流のコマドリでした。
c0325655_08092777.jpg
昨年は撮影できなかったコマドリ。2年ぶりの再会です。
c0325655_08092835.jpg
やはり夏はこの鳥を見たいですね。ここは標高450mぐらいなので山へ向かう途中なのでしょう。
c0325655_08092779.jpg
東京や千葉の公園にも立ち寄ったらしいコマドリですが、やはり絵の雰囲気的にはある程度の山の中の方が良いですね。小渓流には控えめな(?)ミソサザイもいました。
c0325655_08092694.jpg
コマもミソも、これから子育てに励むことでしょう。そしてまた来年、姿を見せてほしいものです。
c0325655_08092565.jpg
上り坂の途中、休憩がてらに撮った寺の写真。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-05-05 19:00 | 小鳥(夏) | Comments(4)