なにごとも八分目がよろしいようで 鳥,花,風景,音楽,etc. 写真はクリックで拡大します。
by あのに鱒
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
最新の記事
オシドリは曇天がよく似合う(?)
at 2017-11-18 19:00
ジョビが近所にやってきた+α
at 2017-11-11 19:00
庭園バラ図鑑
at 2017-10-29 19:00
晴れの日の思ゐで
at 2017-10-21 19:00
コスノビは撮れず
at 2017-10-14 19:00
コオバシギとオバシギ
at 2017-10-07 19:00
赤の世界 - 巾着田の彼岸花
at 2017-09-30 19:00
カテゴリ
カワセミ類
小鳥(瑠璃御三家)
小鳥(夏)
小鳥(冬)
シギ・チドリ
ガン・カモ・白鳥
水鳥類
猛禽
花・虫・風景
独白(毒吐く)
音楽
カメラ・レンズ
最新のコメント
> すずめさん オシド..
by anony_masu at 21:00
こんばんは。 オシドリ..
by すずめ at 23:13
> toroさん 曇の..
by anony_masu at 21:25
晴れた日にオシドリを撮る..
by toro at 20:22
> toroさん これ..
by anony_masu at 21:55
ジョウビタキ、私も同じ個..
by toro at 19:39
> すずめさん ジョウ..
by anony_masu at 09:15
こんばんは。 ジョウビ..
by すずめ at 22:37
> すずめさん 最後の..
by anony_masu at 20:51
こんばんは。 バラ、綺..
by すずめ at 23:32
検索
タグ
記事ランキング
ブログジャンル
禁右Click
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストの無断使用を禁じます。
オシドリは曇天がよく似合う(?)
めぼしい情報がなく、どこへ行こうかと思案してオシドリのいる公園へ行ってきました。
c0325655_14062501.jpg
前回は2年前、晴れの日で白飛びを抑えると水面が黒くなってしまいましたが、今回は曇り。
c0325655_14062451.jpg
白飛びを抑えて現像しても、水の色は出ています。
c0325655_14062589.jpg
対岸の暗がりに群れているのは相変わらず。
c0325655_14062403.jpg
目が細く、ひげの長いこのオスは前回の記事にも写っていました。ある程度年を重ねた個体のように見えますがどうなのでしょう。
c0325655_14062454.jpg
ほとんどの時間は、張り出した枝の根本などに乗って休んでいました。
c0325655_14062312.jpg
オシドリの他にマガモも。
c0325655_14062448.jpg
紅葉もこの公園の見どころですが時期的にまだ早すぎたようです。
c0325655_14062342.jpg
冬の小鳥類も一応探しましたが、まったく気配なしでした。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-11-18 19:00 | ガン・カモ・白鳥 | Comments(4)
ジョビが近所にやってきた+α
昨年ジョウビタキを見たポイントに行ってみると、うれしいことに今年もジョウビタキに出会えました。
c0325655_09441918.jpg
ヒッヒッヒッというあの鳴き声がする方をそっとのぞくと、いましたいました。
c0325655_09441963.jpg
いい所にとまってくれます。この日はやや曇っていて、光線も強すぎず弱すぎずちょうど良い感じ。
c0325655_09441972.jpg
高いところへ移動してナワバリ宣言。果たして昨年と同じ個体なのでしょうか。
c0325655_10130367.jpg
同じ木にとまった写真で比較。雨覆の色が違いますが、これは成長して黒味が強くなったのか?わかりませんが、ともかく今年も無事やってきてよかったよかった。
c0325655_09441870.jpg
すぐ下を流れる川にはカワセミが。
c0325655_09441881.jpg
そして小路の木の実はすっかり色づいていました。
c0325655_10284758.jpg
ところで先日、奈良を訪れ正倉院展、興福寺、東大寺、春日大社、法隆寺など定番中の定番を観光しました。軽量化のためレンズはパンケーキ(40mmf2.8)のみ持参。換算64mmではやはり広角不足で建物系はダメでしたね。
c0325655_10284798.jpg
観光目的だったので写真はこだわりませんが、フルサイズを導入するにしてもやはり広角は必要だと実感。24-70mmf4か、24-105mmf4が必要かな~。
観光自体は良かったです。東大寺大仏殿の大きさに圧倒され、法隆寺のたたずまいに心洗われました。ただ正倉院展は混雑でゆっくりできませんでした。

[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-11-11 19:00 | 小鳥(冬) | Comments(4)
庭園バラ図鑑
庭園の秋バラを今年も見てきました。
c0325655_08300549.jpg
今年は、品種名をちょっと覚えてきました。これは日本産「熱情」。多くの人が思い浮かべる典型的なバラのイメージでしょうか。
c0325655_08300645.jpg
これも「熱情」。
c0325655_08300561.jpg
ドイツ産の「メリナ」。丸っこくて可愛いバラですね。
c0325655_08300537.jpg
デンマーク産「イングリッド・バーグマン」。往年の女優の名を冠した品種。丸さと花びらの多さ、複雑さがゴージャス。
c0325655_08300511.jpg
日本産「琴音」。バラというより小さいボタンのような感じ。
c0325655_08310797.jpg
ドイツ産「コンラッド・ヘンケル」。ドイツの建築家の名だそうです。通路が非常に狭く、撮影できる方向が限られ正面からは撮れませんでした。花が大きくダイミックなバラです。
c0325655_08300693.jpg
ドイツ産「バルカロール」。バルカロールとはゴンドラの舟歌だそうです。黒味が強いバラで、見た目の色を再現するのが難しかったです。低い位置に咲いていて撮影も困難でした。
c0325655_08300680.jpg
10月の天候不順のせいか全体的に不作で花が少なく、周辺の花を前ボケにするなどの工夫ができず、また私の好きな品種クリスチャン・ディオールが咲いていないなどちょっと残念でしたが、美しい花と香りを楽しみました。
(撮影地:旧古河庭園)
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-10-29 19:00 | 花・虫・風景 | Comments(4)
晴れの日の思ゐで
最後に週末が晴れたのはいつだったでしょう?晴れた日に訪れた三番瀬の思ゐで...
c0325655_12530881.jpg
トウネン。一番小さなシギチです。いつもチョコマカ動いている干潟の人気者。
c0325655_12530850.jpg
おっと失敬、と言っているような。
c0325655_12530947.jpg
こちらは大きめのオオソリハシシギ。じっとしているとどんどん近づいてくるフレンドリーな鳥。春も秋もみられるおなじみのシギ。
c0325655_12530824.jpg
3兄弟?
c0325655_12530882.jpg
白いのはミユビシギかな。背景にオレンジ脚のソリハシシギがいます。
今回の写真には共通点があります。ISO100なのです。SSは1/400から1/1000sec。光が豊富なのはいいことですね。野鳥撮影でISO100はほとんど使えないので、晴れた干潟でめったにない贅沢を楽しみました。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-10-21 19:00 | シギ・チドリ | Comments(6)
コスノビは撮れず
コスモスにとまるノビタキを狙って江戸川へ。
c0325655_18120287.jpg
ノビタキは現れたもののコスモスにはとまらず。被写体変更し夕暮れを待ってコスモスを撮る。
c0325655_16560711.jpg
川辺にそよぐ風は涼しく、快適でしたが夕焼けは雲が多くいま一つ。
c0325655_16560726.jpg
ノビタキの代わりに、カワラヒワがコスモスにとまりました。
c0325655_16594612.jpg
しばらくは花や景色を楽しみながら、冬鳥の季節を待ちたいと思います。そう遠くはありませんのでね。
[PR]
by あのに鱒 # by anony_masu | 2017-10-14 19:00 | 花・虫・風景 | Comments(4)